AQLへの取り組み:オムロン綾部の挑戦

オムロン綾部事業所 工場見学
オムロン綾部ものづくり現場
工場見学TOP 工場見学で生産技術の数々を 工場見学参加者の声 工場を公開する理由 工場見学(オムロン綾部事業所) 工場見学申込み
省エネ セル生産 FMEA JIT(ONPS) 実装 鉛フリー モジュール ポカヨケ
ようこそ、
オムロン綾部のAQLへ。
工場見学TOP生産技術TOP品質管理AQL

品質管理という製造業の命題のために。
オムロン綾部の挑戦、『AQL』。

オムロン綾部のAQL(Acceptable Quality Level)合格品質水準について

Q:AQL(Acceptable Quality Level)合格品質水準について教えてください。

AQL(Acceptable Quality Level)は合格品質水準のことであり、製品の抜き取り検査にて許容しうると決められた不良率の最大百分率の事です。
AQLはもともとアメリカ軍用規格、MIL-STD-105がベースとなっていますが、これは現在は廃止され、アメリカ規格協会 、ANSI ASQC1.4-1993 を経てANSI ASQ1.4-2003に引き継がれています。  

オムロン綾部事業所では、1993年にISO9001認証取得し、部品の受入検査時のAQLをルール化しております。サプライヤ様からの部品受入検査は、部品毎にAQLを設定し運用しています。但しこのAQLは、納入部品のロットOK、NGを検出する意味合いが強く、対象部品の製造方法や経済性も含め、検査の厳しさを設定することから、抜き取り検査により、検出された不良については処理されるが、合格ロットからもAQL以内の割合で不具合部品が後工程に流れる可能性はあります。

しかしながら、最近では製品の短納期化、在庫削減、後工程の品質に対する目標の高まり等において、合格水準ロット内の不具合部品が後工程のリードタイムや品質に与えるインパクトが高くなり、生産工程では、不具合1件、1個の発生を無くすことにこだわった取組みをしているため、部品レベルでも、不良品を1個でも入れない取組みが必要となっております。
そのため、部品受入検査でAQLに基づいたロットOK、NGに対する、不具合品や不具合ロットの返品、交換とするだけでなく、その不具合の発生源対策や再発防止を、協力会社さまに依頼、また場合によっては、直接現場に出向き指導する等積極的な品質向上に取り組んでいます。
このページのトップへ


AQL関連Q&A

AQLとはなんですか?

AQLによる抜き取り検査とはなんですか?

AQLによる、オムロン綾部事業所での「品質管理」への取組みを教えてください。

もっと詳しい情報を見る
本物を公開するワケ。工場を公開する理由 工場見学参加者の声 工場見学の大まかな流れ
JR京都駅から特急で約1.5時間。交通アクセス オムロン綾部を知っていただく。Q&A
工場見学オムロン綾部 ものづくり工場見学

アクセスランキング

メディア紹介
 
工場見学オムロン綾部の代表的な製造・改善ノウハウをカテゴリ別に紹介
生産性向上
セル生産
JIT(ONPS)
実装
モジュール
ポカヨケ
省エネ
設備管理
標準作業
工場レイアウト
危険予知
品質管理
FMEA
実装
鉛フリー
ポカヨケ
RoHS
標準作業
AQL
生産管理
セル生産
JIT(ONPS)
モジュール
生産計画
環境管理
鉛フリー
RoHS

工場見学コンテンツ・クイックリンク

工場見学TOP生産技術工場見学参加者の声工場見学Q&A工場を公開する理由工場見学の流れ交通アクセスメディア紹介

生産技術コンテンツ・クイックリンク

生産性向上品質管理生産管理環境管理セル生産FMEAJIT(ONPS)実装
鉛フリーモジュールポカヨケ(ポカミス)
AQLへの取り組み:オムロン綾部の挑戦
工場見学TOPへ
サイトマップ免責事項プライバシーポリシーコピーライトオムロン綾部リンク集リンクについて
Copyright (c) OMRON Corporation. All Rights Reserved.